木. 7月 16th, 2020

GW四国ツーリング 5日目 – 前編

1 min read

キャンプオフ車仲間と行く2018年GW四国ツーリング、4日目は 殴り合いをして別行動 となった我々は 酒の力 で仲良くなりました。

さて、いよいよGW四国ツーリングも終盤となり、残り2日です。

前回までのあらすじ(簡易)

1日目 2日目 前編 2日目 後編 3日目 前編 3日目 中編 3日目 後編
4日目 前編 4日目 中編 4日目 後編 5日目 前編 5日目 後編 6日目 最終日

 

キャンプ場の朝

という事で5日目の朝を迎えました、おはようございます。

今日もいい天気、続々とキャンパー達がテントからゾンビのように湧き出てきます。

 

我々も全員起床、各自朝ご飯を食べて今日のツーリングに備えていきますよ。

 

朝7時ぐらいには出発したい、という事でけっこう早めに撤収作業したいんだけど、結露でテントなどが濡れてるから少しでも乾かそうと努力をする。

それでも撤収の速さに定評のある中部勢が多いので、サクッと撤収して今日も7台で楽しくしゅっぱーつ!!

 

石鎚スカイライン

さて、本日の目的は 石鎚スカイライン から UFOライン へ行きます。

まずはキャンプ場から石鎚スカイラインへ向かいます。

山間の快適な県道12号線を走ります。

この道をまっすぐ進むと石鎚スカイラインです。

去年もソロだけどここをXTZ125で走ってたのでよく覚えてます。

 

そして本格的な峠に入る前に大きい鳥居が見えました。

 

改めてみるとデカイなぁ~

 

このT字路を右に曲がると石鎚スカイラインの本番です。

 

ここから交差点も信号もないノンストップ峠!!

全員オフ車だけど、この道はYZF-R15で走ったら程よいカーブが連続して超楽しいよ。

そういや去年もXTZ125でここ走った時のブログも同じ事書いてたような…

 

 

しかし、峠を走ってるだけではなく景色も楽しめるスカイラインです。

 

絶景に見とれて事故らないように気をつけましょう!!

 

 

約30分ほどのワインディングを楽しみ、頂上なのかわからないけど登山口でもある 岩黒レストハウス に到着!!

登山ブームでGWというのもあり、駐車場には登山客の車でいっぱいでした。

 

駐輪場にもスカイラインを楽しんだライダーの憩いの場となってました。

トイレ休憩、水分補給などしつつ各々休憩をし、今後のルートを確認してこの先に向かいます。

ここからは少し狭い道になるので慎重に行きましょう。

 

絶景UFOライン!!

さて、石鎚スカイラインはここまで。

ここからは瓶ヶ森林道、通称 UFOライン に入ります。

「UFOライン」の名称は、未確認飛行物体の目撃情報が多いことと、「雄峰」をかけてからつけられた呼び名だといわれる。

道が狭くなるのでゆっくり慎重に進みましょうね。

 

と言ってるそばから対向車が来てぎりぎり交わして行くんだけど、車同士だと離合できるのか…?

 

この後も何台かの車とすれ違い、何とか狭い林道を抜けました。

すると、見覚えがある景色に…

 

 

そう、前回来た時はここを右折して数キロのキャンプ場に行こうとしたら、崖崩れで通行止めになって警備員に止められたところだ。

その時は泣く泣く石鎚スカイラインを引き返して昨日泊まった千本高原キャンプ場に行ったんだった。

その時の事を思い出してみんなにそれを伝えてました。

 

ここからは周りの景色も開けてきて展望が良好となってきます。

 

もうしばらく進むと、突然右側の展望が一気に開けて絶景が広がりました。

 

 

すると、対向からバイクツーリング集団が!!

これはお互いみんな全力 v(・∀・)yaeh! ですよ。

 

これには前を走るヤマイモさんも思いっきり手を振ってましたね。

もちろんわたくしKenも全力で左腕をフリフリしました。

知らないライダー同士でもお互いの安全を願ってv(・∀・)yaeh!をする、これだからツーリングはやめられないんですよ。

 

 

高所恐怖症の人

 

UFOラインの一番絶景ポイントに来ました。

九州の阿蘇並みの風景に一同感動しました(緑の人を除いて

実はゆまさん、高所恐怖症で走ってる時もかなりビビッてゆっくりゆっくり走ってました。

Kenもかなりの高所恐怖症ですが、ゆまさんは更に酷い。

上の写真では先頭を走ってるのがゆまさん…

 

では無く、さらにその先頭にO先輩、ゆーひさん、おうまさんと3台走ってるんだけどあまりにもゆまさんがビビってて追いつけずに かなり差 ができてしまってたのです。

 

あまりにもゆっくり走ってるんだけど、絶景を楽しんでる我々としてはゆっくりでもぜんぜん気にしない。

 

ちなみに走ってきた方面も素晴らしい…

 

 

さて、ちょっとしたスペースがあったのでそこでみんなバイクを停めて撮影しまくってました。

今いる地点より高い山がないので見渡す限りの山々!!

遮る物が何も無く、人工物が一切ない風景はそうそう見られません。

 

ゆーひさん「ウェーーーーーィ」

 

わたくしも走ってるところを撮影してもらうよ!!

 

 

撮影しまくられる。

 

アヘ顔ダブルピース

 

ゆまさん「こんな感じ」

※拡大してるのでここから画面移動してバイクを確認しました。

 

 

そんなゆまさん本人は…

 

 

 

 

 

何やってるんだこの緑は

 

これをTwitterにアップすると、さっそくクソコラ職人の手により増殖されました。

 

 

さて、そんなルイージさんを横目にみなさんは絶景をバックに愛車を撮影してました。

 

O先輩のKAWASAKI KLX250

 

Kenの愛車 YAMAHA XTZ125とUFOラインの絶景。

 

さて、絶景を楽しんだ我々は下山してお昼ご飯を食べに行きましょう!!

後編へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright © All rights reserved. | Newsphere by AF themes.