GW四国ツーリング 3日目 – 後編

GW四国ツーリング 3日目 – 後編

 

キャンプオフ車仲間と行く2018年GW四国ツーリング、危ないシーンがいっぱいあった剣山スーパー林道、2/3で通行止めで走破できなかった。

しかし、予想以上に進めて満足した我々は昼ご飯を食べてキャンプ場へ向かうが、その先に待ってたのは…!?

前回までのあらすじ!!

 

絶品、鰹のタタキ!!

転倒や怪我も無く無事下山に降りた我々は、まず給油しました。

O先輩は空気圧を調整しながら一息休憩も入れます。

 

しばらく走ると交通量も増え、田園風景の中をまっすぐ。

ずっとダート走ってたからちょっとつまんなく感じる…

O先輩は尻が痛いのか、立ってた。

 

再び山の中に入りちょっとした場所で休憩。

まぁ何があるわけでも無いのでトイレと水分補給のための休憩ですね。

 

休憩終わった後、国道195線の山の中を一気に抜けてついに土佐湾に出ました。

海沿いを少し走ってると、どうやら見覚えのある場所に…

あっ!!

 

 

昨年お昼食べたところだ!!

しかも昨年は本来行きたかった店とは違う店に入って鰹のタタキを食べたんだよね(むっちゃ美味しかったけど

 

 

絶対リベンジしてやる、という野望がついに果たされるのである。

 

という事で、今回は間違えずに目的であった「土佐タタキ道場」で鰹のタタキを堪能しますよ。

なぜこの店に拘ってたのかというと…

 

 

まず店内に入ると鰹の切り身が刺さった大きな串(?)を手渡しされます。

 

そこに店員さんが藁を敷いて…

 

ファイヤー!!!

そう、ここは藁で鰹を直火焼きする体験が出来るのです。

ただ焼くだけなんだけど、他ではなかなかできない体験です。

 

みんな撮影しながら店員さんと他愛も無い話しをして楽しんでました。

 

 

 

 

全員「うぁぁぁぁぁっぁぁ」

 

油断してると店員さんが藁を追加して一気に炎が燃え上がり悲鳴を上げる我々。

そして店員さんの指示でひっくり返して裏面もじっくり焼きます。

 

 

 

そしていい感じに焼き上がりました!!

 

ここからはプロのお仕事です。

 

 

じゃっかん焦げた藁がついたカツオをコックさんに託します。

 

熱くないのかな…

 

 

 

少し待つと運ばれてきました。

 

 

絶品、藁直火焼き鰹のタタキ!!

 

普通のタタキじゃなく、藁の焼いた香りが染みついてて凄く香ばしい。

実際ススと化した藁が付いてたりするのでけっこう焦げた香りというのは強いかもしれない。

 

薬味と一緒にいただきます!!

ポン酢で食べてヨシ、塩で食べてもヨシ!!

やはり本場の鰹のタタキは絶品でした、最高にまいうー☆!!

 

 

全員集合!!

量は少なめだったけど、美味しい海の幸を堪能した我々はキャンプ場へ向けて出発します。

 

土佐タタキ道場すぐ横のコンビニへ向かうと何やらオフロードバイクが数台…

 

 

 

という事で、ここでゆまさん、ヤマイモさん、nitroさんと合流!!

 

はい、実は事前にこの7名でGW四国行こうぜ~って話になってました。

ただ休みのタイミングなどで事前に四国入りする人や別ルートで来る人などがいたため今日のこのタイミングで合流する事になってました。

 

見慣れたメンバーが四国で合流するというのも何だか変な感じがする。

しばし談笑しながら行き先を確認しますが、実はキャンプ場決まってません。

 

 

オフロード行かないゆまさんのツアラーKLX(左)とオフロード走りまくるO先輩のKLX(右)の汚れ具合比較写真。

 

 

O先輩を先頭に、関西勢の3人が前に並び7台のオフロードで出発!!

 

海岸線を走るのは気持ちいい~

 

 

途中買い出ししてる時、キャンプ場に電話したりしてもどこも満員で断られてしまう危機的状況に。

もう15時を超えてるのでそろそろ決めないと寝床が無いぞ…

 

と、ネットやツーリングマップルでいろいろ確認したところ無料のキャンプ場があるのでそこに懸けてみよう!!

 

しかし、ここでヤマイモさんだけは個人的に宿を取られてたようなので離脱です。

またどこかでお会いしましょう、良い旅を!!

という事で残念ながらヤマイモさんとはお別れです。

 

6人での大宴会

とりあえずキャンプ場の様子やどれぐらい人がいるかわからないのでダッシュで向かいます。

買い出しはさっきのところで済ませたけど、温泉は時間的に無理なので諦めざるを得ない。

 

そして明るいうちに何とかキャンプ場へ到着。

GWなのに予想外にキャンパーがおらず、ファミキャンが1組、少し後に2台のライダーがキャンプしに来たぐらいでした。

穴場のキャンプ場なのかな…?

 

広さも十分あるし、雨の予報も無いのでこの川沿いで各自テントを設営していきます。

 

さすが手慣れた集団、テント設営もアッという間に終わりました。

 

さて、ここからは宴会の準備を明るいうちに着々と進めていきましょう。

 

意外と寒さがあるので各自B6君で暖を取ります(薪が売ってなかった)。

 

 

Kenは汚れたブーツを、ゆーひさんはケースを川の水で洗ってます(誰が撮影したんだ)

 

そして準備が整ったので、大宴会の始まりです!!

お疲れさまでした、かんぱーい!!

そういや今日は剣山スーパー林道走ったんだった…

けっこうな疲れがあるだけに酒が最高に美味い!!

 

 

 

さて、今晩のキャンプ飯は疲れてるから完全に手抜きです。

 

我々の話や、ゆまさんとnitroさんのここまでの話などお互い報告してたらつの間にかすっかり辺りは暗くなって気温も一気に下がって来ました。

 

そういや、全員B6君を持参してたのでなんとなく並べてみた。

焚き火台は1人1台!!(身内ネタ

 

そしてゆーひさんのB6君をよく見てみると…

『リンちゃんのYAKINIKUセット』

 

販売台数が少なく、販売開始数秒で売り切れてしまうというあの伝説(大げさ)のB6君を惜しみなくガンガン火を起こしてる辺り単なるオタクでは無くゆるキャン△好きのキャンパーの鏡。

 

 

 

そんなゆーひさんは…

 

 

 

安定の寝落ち!!

 

よくこんな体勢で寝られるもんだ。

逆に疲れるんじゃないの?

 

 

 

と、みんな寝落ちに笑ってたらわたくしのパンダテントがなんか焦げてた!!

ヒィ…

 

 

そして気付けば気温が4℃!!

5月の四国ってこんな気温低いの…?

昨日のコテージで泊まったけどここまで気温下がってなかっただけにこの寒暖差に不安を覚える一味でした。

 

しかし、旅慣れてる連中なので寒さ対策はしっかりできてます(多分

明日もまたいっぱい走るので早めに寝ましょう、おやすみ…

 

4日目に続く。

 

※3日目のダイジェスト版はO先輩のブログを見てね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください