N-VANで九州聖地巡り 3日目 前編

N-VANで行く九州聖地巡り、3日目です。

いよいよここからメインでっせ。

 

その前に前回までのあらすじ!!

 

大観峰とN-VAN

おはようございます、車中泊の旅も3日目となりました。

夜は真っ暗でどこなのか全くわからなかったけど、目覚めると大自然の中でした。

今日は天気良さそう?

 

という事で起きてすぐ出発。

 

まずは大観峰が見えるスポット。

平日なのにけっこう人が多く、何かテレビか何かか知らんけど、撮影もしてた。

とりあえず車を止め、絶景と共に愛車を撮影。

 

大観峰をバックに。

昨日はずっと雨だったから車もドロドロなのが残念。

ただ、旅してる感があっていいよね。

 

しばし阿蘇を楽しんだ後はそのまま次の目的地へ出発!!

 

 

1年ぶりの再会

という事で交通量が少ない早朝の阿蘇をたっぷり楽しんだ後、熊本市へ向かいます。

未だ九州の地震で復興が終わってないので、回り道をしていくわけだけど、けっこう九州は何回も来てるので、迷わず熊本市まで行けました。

早く復興するといいなぁ…

 

と、雄大な阿蘇の景色を堪能しながらのんびりドライブを楽しみます。

 

しばらく走ってコンビニに到着。

 

Ken「着きました~」

 

???「はい、行きますー!」

 

 

という事で、無事合流できました。

そうです、京都のYZF-R15オフ会と九州沖縄ツーリングの時にもお世話になったyukiさんとの再会!!

 

 

この後予定が決まってるので、yukiさんとはここで立ち話をする程度になったけど、久々に会っていろんな話しで盛り上がった。

またの再会を約束して束の間の友人との再会を楽しんだ。

 

聖地巡礼開始

さて、ここからは聖地巡礼を再開。

先日はゾンビランドサガの聖地巡礼をしに佐賀県へ行ったけど、次はさらに熊本県を南下。

と言っても、最初の巡礼場所はちょっと行ったところです。

 

という事で最初の場所「山本釣具センター本店」へ到着。

という事で、次の聖地巡礼場所は「放課後ていぼう日誌」です。

(放課後ていぼう日誌2巻:れぽーと08「お買い物」10ページ1コマ目)

 

来年からアニメ化するという事で巡礼者が多く行きそうで何かと弊害とか出る可能性があると思い、人が少ない今のうちに行こうという事で来た。

そしてこの場所は「ていぼう部」に入部 させられた した主人公の 鶴木 陽渚 ちゃんが部員みんなで釣り用のウェアを買いに行った場所(2巻10ページ「れぽーと08.お買い物」参照)

今回釣りはしない予定だけど、せっかく来たので記念に小物を買っておいた。

 

ここからの写真は単行本持ってる人はぜひ見比べてみてください。

さて、次の場所へGO!!

 

到着したのは、大野先輩の家のモデルとなった鮮魚店(3巻135ページ「れぽーと19.コウイカ」参照)

 

(放課後ていぼう日誌3巻:れぽーと19「コウイカ」135ページ4コマ目)

と言っても個人経営の小さな店なので場所などは秘密です。

例え見つけたとしても迷惑とならないよう気をつけてくださいね。

 

はい、次の聖地へ。

と言っても1時間以上走ってお昼を過ぎた。

という事で到着。

夏海の家のモデルとなった「グリルかかし」。

こちらも原作そのまんまです。

(放課後ていぼう日誌3巻:れぽーと16「梅雨の晴れ間」61ページ2コマ目)

せっかく来たので、お昼ご飯もここでいただきましょう(計画的)。

 

注文したのはもちろんこれ。

陽渚ちゃんも食べたナポリタン。

(放課後ていぼう日誌3巻:れぽーと16「梅雨の晴れ間」71ページ3コマ目)

濃い目の味でむっちゃ美味しかった。

お世辞抜きで本当に美味しくて近くにあったらリピートしたいぐらい。

他の料理も食べてみたい…またこっち方面来たときにはぜひとも寄ろう。

 

さて、ここからは怒涛の巡礼。

 

ただの川と橋。

わかりにくいけど、ここはていぼう部が雨の日に手長エビを釣った場所。

(3放課後ていぼう日誌3巻:れぽーと14「梅雨」24ページ2コマ目)

写真の右側の民家が原作と全く一緒なので間違いは無い。

 

しかし、部員達が釣った場所は人が釣りをできるようなスペースは全くない。

 

ここも原作に登場する風景。

 

(放課後ていぼう日誌3巻:れぽーと14「梅雨」20ページ3コマ目)

(放課後ていぼう日誌3巻:れぽーと14「梅雨」21ページ1コマ目)

 

さて、次の巡礼と行きますか。

 

 

到着、知ってる人は知ってる釣具店ですね。

はい、原作では「たこひげや」のモデルとなった釣具店「てんぐや」です。
(放課後ていぼう日誌2巻:れぽーと11「下ごしらえ」74ページ1コマ目)

右側の看板とかも忠実に再現されてて凄かった…(再現してるのは原作のほうだけど)

 

店の中に入ると、アニメ化を祝う手書きのボードとその隣には作者「小坂泰之」先生直筆のサインが飾ってあった。

※店員さんに許可をいただいて撮影しました。

店員さんと放課後ていぼう日誌についていろいろ話をして盛り上がりました。

アニメの放映は教えられない、と言いつつも来年春という情報だけいただきました。

んー、楽しみすぎる!!

 

そして山浦駅のモデルとなった海浦駅の景色。

1時間に上下合わせて2本しか走らないけど、ちょうど電車が来たタイミング!!

下調べしてないけどこれはラッキー。

しかしのどかで凄くいい景色。

(放課後堤防日誌2巻「れぽーと08.お買い物」1ページ3コマ目)

 

という事で、yukiさんとの再会から放課後ていぼう日誌聖地巡礼前半をお送りしました。

後半も放課後ていぼう日誌の巡礼についてたっぷりお届け予定です。

 

続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください