金. 8月 23rd, 2019

黄和田キャンプ 1日目後半

1 min read

前回までのあらすじ!

 

お昼ご飯は鈴鹿へ!

本来は近場でご飯を食べようかという話をしてたけど、最終的には少し遠出して鈴鹿まで行く事になりました。

よっこちゃんはしーちゃんのURALのサイドカーに乗っていきます。

 

v(・∀・)yaeh!

道行くライダーとは常にご挨拶!!

天気も良く走ってて最高に気持ちいいね!!

 

信号待ちでの1枚。

周りからURALへの注目度が半端ない…さすが!!

 

しばらく走ってると右側でHONDAのイベント祭りみたいなのしてた。

けど、よっこちゃんがURALに乗ってる関係で我々にHONDAのバイクは残念ながら無い!

 

O先輩「あれ、ここ(右側の建物)に目的地の店があったはず…」

という事で店舗が移動してたようです。

もう少し先のようだけど、しーちゃんがしっかり先導してくれるので、俺とO先輩でインカムでずっとくだらん会話ばっかりしてた。

 

 

とある交差点にて…

O先輩「ローソンの奥の看板、F1っぽいな!」

Ken「さすが鈴鹿、何かとあやかってるな~」

 

すれ違った車にチェッカーのデザインがされてたりと、町全体がHONDAやF1、鈴鹿サーキットを応援してるようで見てるだけでいろいろ楽しい!!

 

と思ってたら鈴鹿サーキットに到着、右奥には観覧車も見えるね。

何気に鈴鹿サーキットまで来るのは15年ぶりぐらいかな?

大学時代はよく友達とF1見に来てたのを懐かしみながら横目に走ってました。

 

Ken「うわさによると鈴鹿サーキットの立体交差が改修で無くなるとか…」

O先輩「なん…だと…」

 

と、後から調べたら立体交差消滅の話は昨年のエイプリルフールネタだったらしいね。

 

 

さて、何やかんや言いつつ目的地に到着!!

今回ランチする店は 鞍馬サンドです。

バイクなので入り口に近い場所に停めさせてもらい、可愛い手書きの立て看板があるシャレオツな店内に入ります。

 

たかがサンドウィッチ、されどサンドウィッチ

すみません、正直最初は「サンドウィッチ」と聞いてコンビニで売ってるようなサンドウィッチをイメージしてました。

メニューを渡されたのでまぁ適当に頼むか、と開いてみると…

 

 

 

メニュー多すぎ!!

 

いや、たかがサンドウィッチと舐めて店に入ったら想像以上のサンドウィッチだった。

しかもどれも美味しそうやん…

 

本日の日替わりランチが看板メニューでもある「くらま」だったので全員それに。

 

 

サラダ多すぎない?

いや、実際かなり量があった。

しかし、ごまドレッシングとバジルドレッシングと用意があり、半分ずつかけて食べたけどどちらも美味しいので飽きずに食べられる。

 

コンソメスープも美味しいけど、わかめが1枚?だけ入ってた。

対面のしーちゃんのスープを見ると…

 

わかめ多い!!

 

店員「お、おかわりできますので…」

 

と気まずそうに言ってたけど別にどうでもいいw

 

さてさて、メインのサンドウィッチですが

キノコたっぷりでかなりのボリューム。

食べ応えがあって、これなら夜の宴会まで十分腹持ちしそう。

具にしっかり味もついてて凄く美味しい。

機会があれば他のサンドウィッチも食べてみたい…けどちょっと遠いのが難点。

 

 

量が多いなりにもみんな残さずしっかり食べ、これからは温泉に向かいます。

 

圧倒的HONDA車

 

温泉まで小一時間ほど走るんだけど、途中ゆっくり走ってたトラックを追い越す時に…

125ccのオフ車で追い越すのは至難の業、ぜんぜんスピードが出ないのでなかなか追い越せない!!

XTZ125はやっぱりマスツーには不向きなバイクなのでおとなしく林道で遊ぶ事にするよ。

 

 

さてさて、快晴の田園風景を快走。

 

O先輩とインカムで話してたけどよくよく見ると周りはHONDAの車が非常に多い。

すれ違う車の大半がHONDAでした。

前の車も右折待ちしてる黒い車もHONDA(車種はよくわからん

この辺りから二人でまたHONDAや~としか言ってない気がする。

まぁ、鈴鹿サーキットはHONDAが作ったからそりゃそうだわな、って事で。

 

総支配人が柴犬の温泉施設「アクアイグニス」

という事で、アグアイグニスに到着したけど14時過ぎなのに満車!!

 

バイクを停めて、まずは総支配人の柴犬「テツ君」にご挨拶に伺います。

 

犬小屋を発見したけどいない…散歩中なのかな?

また後で確認しよう、という事でお洒落な温泉施設へ向かいます。

受付でO先輩が総支配人のことを聞くと、どうやら今年5月にお亡くなりになられたらしい…

悲しい、悲しすぎる…

 

動画を見るとものすごく可愛くて会いたかったなぁ… (´・ω・`)

 

残念だけど、気を取り直して温泉に入ります。

広くてすごくきれいな温泉、晴れてるので露天が最高に気持ちがいい。

しかし、すぐ近くに高速道路の工事があるのが台無し…

まだ脚部分だけだったけど、これが開通したら露天風呂から見える山が高速道路で見えなくなる上に、工事現場から風呂見えるで…

 

買出しのときのこと

さて、潮岬キャンプで毎度お世話になってるスーパーオークワがここにもあるので買出しをしに行きます。

その道中、Google先生が細い脇道に誘導してちょうど対向車が来たのでUralは狭い場所で離合するのも本当に大変そう。

何とか離合できた後は大丈夫だったので無事オークワに到着。

Ken「オークワの文字がアルファベットや!!」

 

潮岬の店舗はカタカナで看板出てただけにちょっと違和感を感じる。

バイクを停めて各々今晩の献立を考えつつ買い込みます。

 

気温が下がる可能性があるので、シチューにでもしようかとルゥを手にしてカゴに入れてたら…

 

 

しーちゃん「今晩シチュー作りたいんです、お願いします!!

 

何でもしますから!!」

 

 

 

と言ったかどうかは定かではないが、野菜を持ってきてたらしくそれを使いたいからシチュー系にしたいとの事でルゥはしーちゃんに委ねました。

さてさて、そうなると今晩の献立を再考せねば。

食料品売り場を何度もウロウロし、肉やら何やら適当に購入。

 

各自買出しした後はキャンプ場へ戻ります。

 

今晩の生死を左右する薪

というほど気温が下がるわけじゃないけど、それでもやはり肌寒くなるのは確実なので薪も買おうって話ししてたけど、途中まですっかり忘れて帰ってる途中で気づいてO先輩とどうしようか、という話をしてました。

キャンプ場で一応薪売ってたけど、戻ったら17時過ぎてるから受付閉まってるかもしれないのでそのときはすぐ近くの道の駅に行ってみようという話になり、運次第となった。

 

逆光がものすごく眩しいけど、夕暮れに向かって走るバイクが絵になる。

 

キャンプ場に戻るとまだ空は明るいけど、受付はもう閉まってました。

とりあえずテントのところまで戻るけど、戻ってみるとたくさんのキャンパーがいたのでやはり午前中に到着しておいて大正解!!

薪に関してはO先輩が道の駅に売ってるか見に行ってもらいました。

その間もし薪が売ってなかったことを想定して木の枝などを拾いに。

 

ちょっとしてO先輩が戻ってきたら薪二束ゲットしてました!!

素晴らしい、これで凍死しなくてすむぞ(気温15度以上)

 

宴会スタート!!

毎度ながらこの瞬間があってこそのキャンプ!!

かんぱい!!

各々が料理を始めます。

 

Kenはみんなにホタテと和牛を焼いてみんなに振舞います。

 

O先輩とよっこちゃんは秋刀魚焼いてた。

秋刀魚もらったけど、美味しい…

山の中の川沿いキャンプ場で食べる海の魚とかキニシナイ!!

もちろん、焼き物に関してはみんな炭火焼。

 

そしてシチューを託したしーちゃんも完成したということでいただきました。

コーンポタージュのシチュー。

これは昨年の冬辺りからよく食べてるけど美味しい。

どれも酒にあう最高のキャンプ飯でした。

 

焚火も直火OKなのでガンガン燃やします。

 

気温は予想以上に下がってなかったけど、暑くも寒くもないちょうど心地よい気温でした。

 

あまりの心地よさに椅子に座りながら爆睡してしまったりと夜は更けていきます。

 

明日へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright © All rights reserved. | Newsphere by AF themes.