潮岬キャンプ ~2日目~

前回までのあらすじ

 

2日目です。

特に大きな用事も無いので朝は目覚まし等かけずに爆睡。

起きたら8時ごろだった。

 

テントから出るとO先輩がすでに隣にテントを張ってた。

いつの間に来たんや…

 

天気は快晴、暑いぐらい。

 

昨日お話しした、てっかさんの元に行くとちょうどテント撤収中だったので

どんちっち氏とO先輩を紹介し、いろいろ話をしてたらえらい出発を引っ張ってしまってのでちょっと申し訳ないと思いつつ、撮影もした。

 

てっかさん YAMAHA セロー

 

てっかさん YAMAHA セロー

 

てっかさん YAMAHA セロー

 

てっかさん YAMAHA セロー

 

てっかさん YAMAHA セロー

 

そして我が愛車のYZF-R15との2ショット

てっかさん YAMAHA セロー YZF-R15

ヘッドライトの高さが全然違うね。

 

ということで、てっかさんはこれから友ヶ島へ目指すという事で見送りました。

 

さて、我々は2日目は各自自由行動という事で各々の目的へ向けて出発するのであった。

 

近畿スタンプラリー帳制覇!!

 

とりあえず、わたくしは道の駅スタンプラリー近畿版の最後の1駅である「瀧之拝太郎」へ向かう。

 

キャンプ場から片道1時間弱なので、のんびり向かって最後のスタンプを無事ゲット!!

 

道の駅 瀧之拝太郎

道の駅の側を流れる川の透明度が高く、電波もほぼ届かない大自然の中の道の駅でした。

これで道の駅スタンプラリー近畿版、全駅制覇!!

いやー、一度は半分近くまでスタンプ溜めたのに1年前の潮岬キャンプの時に走行中にラリー帳落としてしまったという悲劇でまた1から集め直して締め切り1週間前にやっと揃ったので良かった…

 

 

 

 

 

 

閑話休題

 

 

 

 

 

 

 

時間的には昼飯時だけど、この道の駅で何か食べるというような店は無いのでご飯食べに旅立つ。

 

まったり撮影

 

YAMAHA YZF-R15

YAMAHA YZF-R15

 

こんな雰囲気良さ気なトンネルでちょい撮影したり

 

 

 

YAMAHA YZF-R15

何の花かわからないけど、花見したり

 

 

YAMAHA YZF-R15 古座川古座川のほとりでマッタリしたり

 

 

YAMAHA YZF-R15 虫喰い岩

虫喰い岩という有名な場所に来たり

 

 

 

ゆりの山温泉

ついでに温泉入って

 

YAMAHA YZF-R15と桜

YAMAHA YZF-R15と桜

温泉のすぐ近くに桜が咲いてたのでちょっと撮影したり

 

 

 

そんな事をしてたらもう15時頃なのでもう昼ご飯を食べるのを諦めてキャンプ場へ戻る事に。

 

 

野生の温泉

 

と、その前にネットで調べてたらおもしろい温泉があるという事で寄ってみる。

 

 

 

 

 

 

YAMAHA YZF-R15と温泉

到着。

 

 

どこに温泉が…

 

 

 

YAMAHA YZF-R15と温泉

 

 

!?

 

 

まさかのまさか

 

shionomisaki18

これがポンプで源泉から直接汲み取ってる温泉でした。

 

 

温泉

ちなみにここが脱衣所らしい。

 

言っておきますが

れっきとした天然温泉です。

 

 

すぐ近くには県道があり、普通に車が通ってます。

水温は30度弱、季節は桜の咲く前の3月。

 

入るにはちょいっと辛い気温と水温でした(入るつもりだったのかよ

 

 

という事で、暖かくなったら入りたいと思います。

 

キャンプ場で宴会

 

さて、のんびりキャンプ場へ戻ると16時前でキャンパーが一気に増えてました。

YAMAHA YZF-R15と温泉

テントだらけ…

 

 

しかし、我々は昨日の雨降った直後に来たために景色のいい最前列を確保。

潮岬キャンプ場

おなか減ってたのでノンアルビールとコロッケなどをつまんで2人の帰りを待つ。

 

 

 

潮岬キャンプ場

いやー、しかしあったかくて心地よい風が吹いて景色良くて最高!!

 

 

しばらく待ってると、O先輩が帰って来たので、日本一周のてっかさんに教えてもらった崖下へ降りてみた。

 

潮岬キャンプ場

夕暮れ時という事もあり、最高の眺めでした。

 

そしてここは昨日てっかさんが入り江の先端までバイクを運んで撮影 してた時のバイクの後がしっかり残ってましたw

 

潮岬

その時のブログは てっかさんのブログ をどうぞ。

 

 

この後は買い出し行って、宴会が始まるのであった…

 

 

潮岬

O先輩が作ったポトフ、美味しい。

それぞれ各自作った料理を振る舞いながら夜が更けていくのであった…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください