潮岬火祭りキャンプ2018 1日目

YZF-R15, キャンプ, バイク

2018年1月26日
 
年明けは毎年恒例の和歌山県は潮岬キャンプ場で実施される年に1度のイベント 望楼の芝焼きを見に行きます。

去年はこんな感じでした。

 

いざ潮岬へ!!

毎年金曜に有給をぶちこんで、2泊3日で行ってるので今年も無事有給取得できました。

去年参加したメンバーも何人か参加する予定だったけど、今年は例年より気温が低く雪が積もってて天候も何やら怪しい…

流石に紀伊半島のど真ん中を真南に貫く国道168号線や169号線は山の中で雪がもりもり積もってる関係で今年も阪和自動車道で行きます。

 

岸和田SAで休憩、かなり寒く雪がチラついてる…

岸和田SAで休憩

一応天候的には晴れ予報だけど当てにならない。

少し休憩し、次の休憩ポイントまで走ってたらけっこう雪が降ってきて不安。

 

しかし、和歌山県入ると一気に晴れてきたのでテンションも上がる!!

印南SAにたどり着いたのは11時ごろ、少し早いけどこのまま潮岬まで食べる場所も特に無いのでここで食べましょう。

 

和歌山ラーメン

やっぱり!和歌山!と言えば!

和歌山ラーメン。

まぁ、SAのラーメンなのでむっちゃ美味しいというわけじゃないけど、雪降る中冷えた身体を温めるには十分でした。

 

ご飯食べたあとは一気に潮岬へ!!

 

 

帰ってきた潮岬キャンプ場

 

という事でキャンプ場到着!!

潮岬キャンプ場

ここに来るのはもう何十回目だろうか…もはや実家のような安心感。

 

サクっとテントを建てました。

PANDAテントとパンダタープ

そうそう、PANDAテントと連結できる同じテンクマデザインより販売された パンダタープ を投入!!

 

タープとして使えるんだけど、ポールを2本使うとこのように片側を空けて快適な空間が作れるのが凄くいい!!

PANDAテントとパンダタープ

 

後ろは完全に隠れてるのである程度プライバシーも保護される。

PANDAテントとパンダタープ

ソロでやるには十分なスペースだし、収納しても2リットルのペットボトルとそんなに変わらない大きさなのでこれは重宝できるね。

 

絶品、ジビエバーガー

テント建てて一息ついたら15時頃、まだ時間は少しあるので走りに行きましょう。

と言っても潮岬周辺はだいたい行き尽くしてるので毎度おなじみの場所へ。

 

キャンプ場から30分ほど走った山の中、国道371号線沿いにある道の駅「一枚岩」に到着。

道の駅一枚岩

道の駅の目の前の川(写真では見えないけど)の対岸に見える大きな絶壁、これが実は 1枚の岩 らしい。

何回も来て何回も見てるけど、それでも毎回来る度にその大きさに驚かされる。

さて、お土産兼喫茶店の「一枚岩鹿鳴館」のご当地B級グルメである「ジビエバーガー」が凄く美味しく毎回潮岬来る度に食べてます。

注文してから作るので数分時間がかかるけど、できたてのジビエバーガーと缶コーヒーを買って下の川辺で食べるのが好き。

一枚岩鹿鳴館の中が喫茶店なので店内でも食べられるけどね。

 

店内に入って見ると、残念ながら本日の分は売り切れらしい…

売り切れというのは初めてで金曜の平日でも売り切れることあるんだね。

残念、店員さんに聞いてみてもやっぱり無いという事で、諦めかけた時にここから数分のところにまた別のジビエバーガーを販売してる喫茶店があるという情報を得たのでさっそく行ってみる。

 

南紀月野瀬温泉 ぼたん荘 に到着。

きれいな施設で中には薪ストーブがあり、暖かい。

ジビエバーガーと書かれた看板があったので見てみると…

 

 

 

ジビエバーガー

15時まで(現在16時)

しかも1日20食限定らしい。

 

う~ん、今日は残念ながらジビエバーガーは食べられず。

明日ここのジビエバーガーを食べてみよう。

 

という事でけっきょく何も食べられず残念ながら諦めて、温泉行った後に買い出ししてキャンプ場戻りましょう。

 

 

極寒の宴会

わけあってまだ晩ご飯は食べて無いんだけど、20時半過ぎになると気温が0℃になった。

潮岬の気温0℃

本州最南端である潮岬は凄く暖かく、1月でも昼間10℃超えるぐらいなので、0℃まで下がったのは個人的に今まで来た中では初めて。

思った以上の寒さに震え、空腹だったのでここで我慢できずにビールを開ける。

ゆるキャン△のコップで乾杯

 

ゆるキャン△のコップでかんぱーい!!

ゆるキャン△のコップで乾杯

焚き火がもの凄く暖かい…先ほどのタープのおかげで焚き火の熱がタープ内にこもるので快適。

 

冬はやっぱり鍋だよね、という事で美味しそうなのが売ってたので牛もつ鍋を買ってきた。

牛もつ鍋

冬の平日という事もあり、キャンパーは3組ほどでもの凄く静か。

マッタリ過ごしつつ、燃え尽きないよう薪はどんどんくべていく。

 

焚き火

 

 

中部からの来客

夜も更け、22時半頃に1台のバイクが到着しました。

 

YAMAHA Tricker

中部から来たYAMAHA Tricker(通称:セロッカー)乗りのキャンプ仲間、ゆーひさんの到着です。

 

本当はもっと早く到着する予定が、想定外の積雪と雪で時間がかかってしまい、こんな時間に到着したらしい。

どれぐらいヤバかったのかと言うと…

 

ゆーひさん

 

というぐらいヤバかったらしい。

まぁ、無事で到着できたようで何より…

近畿各地で雪が降ったりといろいろと厳しい天候のようです。

明日他に何名か知り合いも行くって言ってたけど大丈夫かなぁ…

 

 

さて、夜も遅いので出来るだけ音を立てずに足早にテントを設営。

足早にテントを設営

 

雪の中お疲れさま、という事で乾杯!!

乾杯!!

そう、遅くても20時ぐらいには到着する予定だったのでKenも晩ご飯食べずに待ってたわけです。

ゆーひさんも2泊で明日ゆっくりできるので遅くまでのんびり酒を飲んで語ってました。

 

 

 

潮岬で氷点下

潮岬で氷点下…だと…!?

 

 

2日目に続く

 

 


PAGE TOP