火. 8月 11th, 2020

2003年8月22日:Giorni Di Moto ミーティング

1 min read

参加メンバー
Ken、光二、まさし、てら、つーくん、BOSS、まさひろ

 

 

Kenが来た時はまだまさひろは来てませんでした。

 

高校生と女の子がいないメンバーでの会話は

 

 

 

 

 

 

 

 

相変わらずのゲスいネタでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

(メンバーから想像して下さい、120%当たってます)

 

 

 

 

 

もう書けません。

 

 

 

 

 

BOSSが加○鷹に似てるなんて書けません。

 

 

 

 

 

そういやてら君が北海道ツーリングから無事帰還しました。

19日間だったかな?

Kenの北海道一人旅より充実した旅みたいでした。

 

通りがかりのバイカーにご飯をおごってもらったり

たまたま信号待ちで隣に並んだ女性ライダーに声掛けるも無視されたり…

 

そして全日テント泊まりらしいです。

うん、これが本当のサバイバルだね。

 

Rebelのサス交換

さて、話は変わり、店を出てつーくんのレブルのサスを交換する事になりました。

 

JAZZのサスをレブルに取り付けるとの事。

 

もちろん技術者はてら君。

 

 

 

 

 

でも

 

 

 

 

 

つーくんすごい心配そうに見てます。

 

 

 

 

 

それもチームのメンバー紹介に

 

てら君の事は

 

 

 

 

 

 

 

 

カスタムならおまかせ。
完璧か壊れるかどっちかにしてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

と、紹介されてます。

 

恐らく後者を恐れているんでしょう…

 

 

 

いかんね、チームをもっと信じないと(他人事

 

 

 

ということで、カスタムが始まりました。

 

ジャッキを使わずにやろうとして、みんなでリアフェンダーを持ち上げます。

アメリカンほどじゃなくても予想以上に重いです。

3人がかりでやっと持ち上げられるぐらい。

 

でもね、よく見るとね…

 

 

 

 

 

 

 

 

つーくんバイク跨がってるやん!!

 

 

 

 

 

 

アホか

 

 

 

さて、予想以上に手こずります。

やはりJAZZのサスは普通では合わないために断念。

いろいろ弄ったら付けられるみたいやけど。

 

 

さて、元のサスに戻すにも一苦労です。

Kenとまさひろの車載工具両方使って元に戻します。

 

 

 

もうダルくなってきたみんなは

 

 

 

 

 

 

 

 

「もうこのまま帰りーや」

 

 

 

 

 

「ここで皿洗いでもしとき」

 

 

 

 

 

「何とかなるって」

 

 

 

 

 

他人事と思ってみんな無茶苦茶言います。

 

何十分かかったかわからんけど、無事元のレブルに戻って一安心です。

 

 

ということで、今日はこのまま走らず解散する事に。

 

奈良方面はリーダー光二、まさし、つーくん、Kenの4人。

この4人も解散する前にロー○ンにピットイン。

 

 

ちょっとダベってました。

 

 

 

 

 

ここでリーダー光二の恐るべき発言。

 

 

 

 

 

 

 

 

今度Ken君拉致ってやる!!

 

 

 

 

 

 

 

 

へ…!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright © All rights reserved. | Newsphere by AF themes.