金. 4月 10th, 2020

十津川ツーリング

1 min read

2003年4月29日(火)に奈良県十津川村に大学時代の友人K氏と行ってきた。

前日に仕事終わってから堺市に住むK氏の家に行って早朝からいく計画。

 

愛車紹介

こちらがKenのバイク

YAMAHA Dragstar400 classic ('02)
YAMAHA Dragstar400classic (’02)

彼女なみに溺愛している我が愛車。

カスタムなしのドノーマル。

洗車した後に撮ったのでピカピカである。

 

そしてこちらが大学時代の友人K氏のバイク。

HONDA VRX(Black限定モデル)
HONDA VRX(Black限定モデル)

今では絶版車のマニアックなマシン。

エンジンはスティードのVツインを搭載。

少々マフラーがカスタムしてあり、中々良いサウンドを響かせる。

 

待ち合わせ、出発

朝6時起床の6時半に堺市を出発。

天気も雲ひとつ無く、とても気持ちが良かった。

国道310号線に入ったところのマクドで朝食タイム。

これからの予定、ルート等を確認しながらモグモグパクパク。

 

途中道を何回か間違えつつ山道を攻略し、国道168号線へ。

ここまで来ると後は1本道で十津川村に着く。

 

国道168号線に入って最初の休憩タイム。

K氏

スタートしたばかりで非常にテンションの高いK氏。

 

初めてのツーリングなのと愛車とのツーショットでとても笑顔である。

下はジーパン、それ以外はメットも含め全て黒色なので

乗ってる姿は アメリカの特殊部隊 を思わせる。

管理人Ken

そしてわたくしKen。

なんか写してばっかの様な気もするので撮ってもらった。

こちらも靴とジーパン以外は赤で統一。

 

黄色のサングラスをしているが

実は眼鏡の上から被せてあるのだ。

コンタクトが見当たらなかったので仕方なく眼鏡で参戦。

ま、パッと見た感じはわからんけどね。

 

 

ここから山の中を走っていくことになる。

走ってると後ろからいろんなバイク集団に抜かされていった。

ま、こちらは急いでないし、K氏がまだ初心者なのでゆっくりのんびり走っててん。

途中、車と車の事故を見たけど、怪我人はなさそう。

 

猿谷ダム

十津川

基本的にずっとこの様な景色のところを走ってるねん。

木漏れ日が眩しくて気持ちよかった。

 

猿谷ダムにて2回目の休憩。

猿谷ダム

記念に2人で撮影。

ここはやたらクマンバチが多い多い。

何十匹もいた。恐ぇ~(汗

でも、クマンバチは滅多な事では人間を刺さないらしい。

ホンマかいな~
 

猿谷ダム

別アングルでもう1枚。

わかりにくいけどちょうど後ろに写ってるのが猿谷ダム。

 

 

猿谷ダム

2人を撮ったし、今度は2台揃って。

 

谷背の吊り橋

再び出発。

特に問題も無く順調に進んでた。

しばらく行くと 「日本一長い谷背の吊り橋」 たる看板を発見。

これは行くしかないだろう、ということでちょいっとUターン。

祝日だからか凄い人だかりで観光バスでの団体はいるわ、家族連れやらいるわ・・・

しかし、その吊り橋を目の当たりにした瞬間、仰天した。

 

日本一長い谷背の吊り橋

でけぇ~高ぇ~長ぇ~

長さ297m、高さ54m。

人が多かったので通行規制がされてた。

しかも何故か中央まで行くと風が強い強い(汗

しかも揺れる揺れる(滝汗

 

高所恐怖症としてよく渡れたもんだ…

 

K氏

K氏。あぁ、何とも余裕な事で。

 

Ken

負けじとわたくしKenもナイスショット。

怖くて内心逝きかけてました。

だってところどころに歩いてるとこの

 

木の板が張り替えてあったもん。

 

(´・ω・`)

 

 

恐怖の体験を済ませた後、我々は目的地に向かいひたすら走るのみ。

 

十津川村の野猿

そして目的地の十津川村に到着!!

更に目的の『野猿』を探しに行く。

断っておくが、生物の『野猿』ではない。

 

野猿

これが『野猿』

何でも、大昔に川を渡る手段のひとつとして利用してたらしい。

小屋の中に入って(1人用)ロープを引っ張るのだが

これがまたシャレにならんほどしんどい。

楽しいけど(ドMではない

野猿

正面から見るとこんな感じ

 

野猿

K氏、元々黒い格好しているのに逆光で何が何だかわけわかめ。

例えるとまるで『猿』というより『カタツムリ』だな。

 

さて、上の写真を見てお分かりのように、雲行きが怪しくなってきた。

しかしもうひとつの目的がまだ果たされてない。

ここに来て温泉に入らにゃ何しに来たんだ。

ということで、ここから更に15分ほどバイクで走ったとこに温泉を発見。

とにかくお湯が熱かったが、肌がツルツルする。

 

遅めの昼ご飯からの帰宅

旅の疲れを癒し、これから帰るわけだが

現在14時30分

まだ昼飯も食ってないのでとりあえず御飯を食べようとするが

近くのレストランは10分差で営業終了の為に食事にありつけられず(涙

仕方ないので帰り道に探すとしよう。

 

しばらく走ってると『道の駅』たるものを発見。

そこには『手打ちそば』と書いてあるではないか。

よし、ここにしようと立ち寄ったのが15時05分。

 
営業は15時まで。
 

再び涙を呑む我らだったが、横の橋を渡ったところにそば屋があるではないか。

ここはちゃんと営業してたのでここでやっとのお食事タイム。

 

なんとも豪勢なメニューである。

そば定食

キノコそば、寿司(左下)、漬物、ニジマスの煮付け。

腹減ってたのもあって格別にうまい。

ニジマスの煮付けなんか背骨から頭まで

全部食べられるほど柔らかいし、味が染み込んでいる。

 

腹いっぱいになったとこで出ようとした時、小雨ではあるが雨が降ってきた。

ま、最初だけで30分も走ってたら雨はやんだ。

この後は特に問題なく帰れた。

 

168号線と24号線と310号線が合流する交差点のとこのローソンで休憩。

Kenは24号線、K氏は310号線で帰るのに分かれる最後の休憩である。

 

ちょっと一息してると3人組みの女性ライダー発見。

ホーネット、ボルティ、CB400という組み合わせ。

格好いいな~と思いつつすでに夕方の6時。

ここからは独りで帰った。

 

無事に家に帰ったのが夜の9時。

 

 

総走行距離としては320km

 

誰かと走るのも楽しくていいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright © All rights reserved. | Newsphere by AF themes.