六ツ矢崎浜キャンプ

Harley-Davidson, キャンプ, バイク

4月20日に前から気になってた滋賀県の 六ツ矢崎浜オートキャンプ場にてキャンプしてきたよ。

ここは大阪からでも下道で2時間程度で行ける近場のキャンプ場で、琵琶湖のすぐほとりの芝生にテントが張れていいロケーション。

本当は違うキャンプ場の予定だったけど、Twitterのフォロワでもあるよんきーさんが基本的に平日しか休み取れないという事で一緒にキャンプする事に。

降水確率40%という不安な天候だけど、一応カッパも積んで行きましょう。

朝、ちょっと荷物を取りに行くという用事があり、キャンプ場についたのは13時頃。

よんきーさんはすでにテントを張って待っててもらってました。

 

Ken「おひさしぶりです!!」

よんきーさん「YZF-R15じゃない…だと!?」

Ken「YZF-R15だと思った?残念、ハーレーでした!!」

 

YZF-R15のイメージの方が強いのかしら…そういや初めて会った去年の笠置忘年会キャンプはYZF-R15で行ったんだっけ?(覚えてない

お互いまだ昼ご飯を食べてないという事でさくっとテント立てて昼ご飯にします。

琵琶湖の上は曇ってるけど、太陽が少し見えてきます。

さて、ゴマ油で野菜、キノコ、豚肉を塩コショウで炒めて…

市販の鍋で作る味噌ラーメンにぶち込んで野菜味噌ラーメン!!

(実は賞味期限が1ヶ月過ぎてたけど気にしない)

ご飯食べて夕方まで特に会話もなく静かに琵琶湖を眺めながらマッタリ。

変に気を遣わずマイペースで一緒にキャンプできる人っていいよね。

まぁ、元々がお互いソロキャンスタイルなので。

変な雲が…こういうのって何かの前兆みたいで怖いよね。

ホムセン全滅

さて、16時頃になったので温泉浸かって買い出しに行く事に。

温泉はキャンプ場からバイクで12分ぐらいの 宝船温泉 湯元ことぶきに向かうと

外来入浴は10時~15時、18時半~21時と、ちょうど時間外で入れなかったので

仕方無くそこからさらに20分ほど走ったところにある 比良とぴあに行く事に。

温泉自体は健康ランド的な雰囲気だけどきれいな施設でそんなに広くはないけど、露天風呂もあり、30分以上よんきーさんといろいろ語ってました。

 

お風呂出てからは、家からある程度食料を持ってきたKenと買い出しが必要なよんきーさんと目的が違うので分かれて各自必要な買い出しをしてキャンプ場で合流する事に。

わたくしは薪と酒だけあればいいので、ホムセン寄ってからコンビニで酒を買う予定で高島市のホムセンに行きました。

高島市にはホムセンが4つもあるので問題なく薪は入手できると思ってました(察し

コメリ2件、アヤハディオ、ナフコ、いずれも薪は置いてなかった…

キャンプ場も他にあるのに薪置いてないとかどういう事なの!?

今回のキャンプ場よりさらに北に20分ほど行ったマキノにあるコメリは、薪が大量に売ってるのでそこまで行けばいいんだけど、時間的にもう19時半過ぎてるので諦めて、今回は薪無しで拾った木の枝で焚火をすることに…とほほ(;´・ω・)

 

宴会スタート!!

昼間にある程度木の枝とか先人が残して行った薪などを拾っておいたけど心もとないので気温が下がってくるまで焚火無しで宴会します。

ティロリ ティロリ ティロリ ティロリ

チーズインデミグラスハンバーグ(パックをボイルしただけ

本来ソロキャンの予定だったのが2人になったのでちょうど数的にも良かった(1人だと多い

油の処理もあるので油は少な目で。

キッチンペーパーで余計な油を吸わせて完成!!(揚げただけ)

21時ごろだったかな…よんきーさんが

酒に酔ったので10分ほど寝てきます!!

と、壮大なフラグを立ててテントに引きこもりました。

さて、わたくしは一人になって気温もだいぶさがってきたので焚火でも始めますかね。

先人が残して行った薪と拾って来た枝。

あと、実はこんな事もあろうかとホムセンで端材を買っておいた。

長さが60cmと長めなのでこれを薪やノコギリで割ると十分薪として利用できるし、2つで合計100円で手に入れる事ができたので不幸中の幸いである。

あぁ、やっぱり焚火はええのぉ…暖まる。

日付変わりました、気温は8度と寒くはない。

そして、よんきーさんは見事フラグ回収して今なお爆睡中。

このまま朝まで起き無さそう。

さて、ちょっと小腹が空いてきて酒も残ってるのでこいつを焼こうかしら。

国産ですよ、国産。

テンションが上がってきた時に突然背後から…

 

 

ガサゴソ…

 

 

と、不吉な音がしたので恐る恐る振り返ると

このタイミングで起きたー

これから肉を焼こうというのに何てこった…

 

そして何かを突然むさぼり始める。

完全に目が覚めたようで再度宴会モード。

肉はタレ焼きで。

時間も時間なので、ガッツリ食べる量じゃなくちょうど酒のツマミとしていい量だった。

やはり国産牛は固くなく食べやすく美味しい。

太陽が昇ると気温が一気に上がるので薪は今日中に全部燃やす勢い。

時間も2時前だったかな?そろそろいい時間なので就寝。

 

2日目の朝

12時がチェックアウトの時間なので朝9時過ぎにのんびり起床。

ちょっと曇ってるように見えるけど、太陽も出てきてます。

朝ごはんを食べて撤収…の前に

よんきーさんのバイク紹介

HONDA CBR1100XX 通称「SuperBlackbird」。

スーパーブラックバードと言えばF1と勝負したとか、戦闘機と勝負したとか何かいろいろと噂があるスーパーバイクです(ソースはない

よんきーさんご自身は旅もされるので超安全運転です。

両サイドのマフラーカッコいい…

さてさて、見とれて撮影ばかりしてるとけっこうチェックアウト時間ギリギリなのでさっさと撤収してキャンプ場を後にします。

 

ちょうどお昼なのですぐ近くの道の駅「道の駅藤樹の里あどがわ」にて昼食。

期間限定の野菜ラーメン食べたけど、あまり美味しくなかった。

まぁ、腹の足し程度ですわな。

そういやせっかく湖畔のロケーションなのに2台並べての写真がなかったので駐車場で一応記念撮影。

ここからは京都経由するという事で、Wild-1の宝ヶ池店に寄ります。

国道367号線、通称「鯖街道」に入って大原の山を堪能しながらのんびり走って14時半頃到着。

ここで1時間ほどキャンプ道具を見ながら時間潰しました。

そういや、わたくしが使ってるPANDAテントが今までは赤しか店頭では見なかったけど全色揃ってた!!

いつか全色並べてキャンプしたい…

そう思いながらWild-1を出て帰るんだけど、よんきーさんは京都から高速に乗ってわたくしは下道で帰りました。

 

普段一緒にキャンプできない人とキャンプできるのはいいね。

お疲れ様でした、またキャンプしましょう!!


PAGE TOP